読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある作曲家の日常

作曲家・ピアニストをしている私の日々の生活を綴ります♪

吾輩は猫舌である

 吾輩は猫舌・猫手・猫肌である。名前は熱いの苦手っ子である・・。

 外食などする時、コーンポタージュやオニオンスープやミネストローネなどのスープ系はまあ15分は待ってから飲む。

 熱いものを手に持つと瞬間的に「ヒィ!」となる(あ、これはみんなそうか(笑)。でも反応速度は私は超早いと思う)。

 お風呂は37度くらいがちょうどいい。一度知らぬ間に家族が設定を勝手に変えて40度になっていた時は、アツアツになっているともつゆ知らずに入ろうとして足を湯船に付けた瞬間「ヒィ!」・・。

 おまけにすんごい汗っかきである。お風呂から上がった瞬間からもう汗をかいているのでタオルで拭くともう汗の匂いがする。これは確実に母親の遺伝である。母は夏になると毎年玉のような汗を首筋に流している。名酒「玉の汗」が作れそうな勢いである(笑)。カレーライスは普通の辛口でも2口食べたらもう汗が出てくる(でもカレーライス自体は大好きなので、ジレンマである。もっと辛いカレーも思いっきり食べてみたい!甘口は頼むの恥ずかしい・・)。
 

 カフェでホットコーヒーを飲むときは、ある店ではショートサイズに「氷4つ」で自分的には飲みやすい最適温度になることがわかったので、最初から「ホットショート、氷4つ入れてもらえますか?」と注文するようにしている。
 何度も通っていると、店員さんは何の疑問もなく笑顔で「氷4つですね^^」と入れてくれるようになった。
 ところが、他店のカフェに行ったとき、同じようなスタイルで注文したのだが、その店は氷の大きさが結構小さめだった。そこで、「ホットコーヒーを1つ、あと氷を「少し」(別のコップに)付けてもらえますか?」と頼むようにした。その頼み方を繰り返していると、店員さんに「このお客さんは氷を(ガリガリ「食べる」用に)別に頼む人だ~」という認識で覚えられてしまったようで、先日ホットコーヒーを頼んだ瞬間に男性店員がご丁寧にも氷をなみなみ(?)とコップについでトレーに置いてくれた。


 ・・・「わしは氷カリカリ大好き星人か!」

 ・・・「ホットを氷で割ったらただの薄いアイスコーヒーやないか!」


などと吉本新喜劇気分で心の中でツッコミを入れながら、「お気遣いありがとうございます」とその場では何事もないように装ってニコッと受け取った。


P.S.その男性店員がいつもいる人なのかは実はわかっていない。
なぜなら女性店員の顔しか覚えられないからである(コラ)。

広告を非表示にする